XMP (Extensible Metadata Platform)とは

XMP (Extensible Metadata Platform)とは何?

“Extensible Metadata Platform “の略です。XMPは、アドビシステムズ社が開発し、国際標準化機構(ISO)が標準化したユニバーサルなメタデータフォーマットです。

多くのファイルフォーマットは、ファイルの内容を記述する内部メタデータを含んでいます。例えば、デジタルカメラで撮影された画像には、一般的にEXIFデータが含まれています。これは、シャッタースピード、絞り、焦点距離、フラッシュの設定など、カメラで撮影された画像に関する情報を定義するものです。EXIFは普遍的に認識されるフォーマットですが、他の種類のメタデータは、特定のプログラムでしか読めない独自のフォーマットで保存されています。

AdobeのXMP仕様は、この問題を解決するために、メタデータを保存するための標準的なフォーマットを定めたものです。XMP仕様では、メタデータのプロパティと属性を定義するために、XMLとRDFの標準的な構文を使用しています。以下は、XMPテキストの例です。

<x:xmpmeta xmlns:x=’adobe:ns:meta/’>
  <rdf:RDF xmlns:rdf=”http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#”>
    …
  </rdf:RDF>
</x:xmpmeta>

 

XMPの「拡張可能」という部分は、あらゆるタイプのデータを記述するために使用できることを意味しています。しかし、一般的なファイルタイプのメタデータを格納するために、いくつかの特定のXMP スキーマが開発されています。例えば、PDF、Photoshopドキュメント、圧縮画像、camera raw画像などです。各スキーマは、プロパティ名を指定する定義済みの名前空間を使用します。

XMPのデータは通常、Photoshopドキュメントなどの既存のファイル内に保存されます。しかし、特定のドキュメントに関連付けられた個別の.XMPファイルとして外部に保存することもできます。データは標準的な形式で保存されているため、XMPファイルは、XMPをサポートするプログラムであれば誰でも読むことができます。

ファイルの拡張子。.XMP となります。

このページのXMP (Extensible Metadata Platform)の定義は、SharTec.euのオリジナル定義です。
このページにリンクする場合は、必ず記事の出典を引用してください。

SharTec.euは、コンピュータ用語をわかりやすく説明することを目指しています。私たちが公開するすべての定義は、シンプルで正確であることを目指しています。XMP (Extensible Metadata Platform)の説明についてコメントがある場合や、新しい専門用語を提案したい場合は、こちらまでご連絡ください。