XHTML (Extensible Hypertext Markup Language)とは

XHTML (Extensible Hypertext Markup Language)とは何?

“Extensible Hypertext Markup Language “の略です。XHTMLは、マークアップ言語であり、ウェブページを作成するために使用されます。HTMLと似ていますが、より厳密なXMLベースの構文を使用しています。XHTMLの最初のバージョン(1.0)は2000年に標準化されました。数年間、XHTMLはウェブサイトを作成するための最も一般的な言語でした。

なぜXHTMLなのか

webが登場してから数十年の間、HTMLが進化していくにつれ、ブラウザはウェブページのソースコードを解析する方法をどんどん甘くしていきました。その結果、ブラウザ間でウェブサイトのレンダリングが不統一になってしまったのです。

XHTMLは、HTMLではなくXMLをベースにしているため、XHTMLで記述されたウェブページは、厳密なXMLの構文に従わなければなりません。XHTML Strict」のdoctype(DTD)を使用したウェブページは、エラーや無効なタグを含むことができず、ウェブブラウザに曖昧さを残しません。

2001年から2011年頃まで、XHTMLはWeb制作の標準的なマークアップ言語でした。一部の開発者は厳密なXHTML DTDを使用していましたが、ほとんどの開発者はtransitional doctypeを使用していました。ほとんどのウェブ開発者は、より柔軟な言語を好んだため、ウェブは最終的にHTMLに戻っていきました。2014年にはHTML5がW3Cによって公式に推奨されました。最近のブラウザのほとんどは、HTMLとXHTMLの両方をサポートしています。

このページのXHTML (Extensible Hypertext Markup Language)の定義は、SharTec.euのオリジナル定義です。
このページにリンクする場合は、必ず記事の出典を引用してください。

SharTec.euは、コンピュータ用語をわかりやすく説明することを目指しています。私たちが公開するすべての定義は、シンプルで正確であることを目指しています。XHTML (Extensible Hypertext Markup Language)の説明についてコメントがある場合や、新しい専門用語を提案したい場合は、こちらまでご連絡ください。