XAML (Extensible Application Markup Language)とは

XAML (Extensible Application Markup Language)とは何?

「Extensible Application Markup Language」の略で、「ザム・アール」と発音します。XAMLは、Microsoft社が開発したマークアップ言語で、アプリケーションのインターフェイスを作成するために使用されます。XAML は、HTML と同様に、ウェブページのコンテンツを定義します。タグは他のタグの中に入れ子にして、オブジェクトの中にオブジェクトを定義することができます。オブジェクトの属性(名前、サイズ、形、色など)は、タグの中で定義されます。以下は、ボタンの基本的なXAMLタグの例です。

<Button x:name=”button” Content=”TechTerms” HorizontalAlignment=”Left” VerticalAlignment=”Top” Margin=”150,300,0,0″/>

XAMLは、2006年にWPF(Windows Presentation Foundation)とともに登場した。WPFは、Microsoft .NET Frameworkの拡張機能で、interfaceの要素をWindowsアプリケーション内でレンダリングするための表示エンジンを含んでいます。

開発者は、ゼロからXAMLコードを作成したり、Microsoft Expression StudioやBlend for Visual Studioなどのプログラムを使用して、WYSIWYGエディタを使用してXAMLコードを生成することができます。XAMLは、WPFまたはUniversal Windows Platformを使用して構築されたすべてのWindowsアプリでサポートされています。

ファイル拡張。.XAML

このページのXAML (Extensible Application Markup Language)の定義は、SharTec.euのオリジナル定義です。
このページにリンクする場合は、必ず記事の出典を引用してください。

SharTec.euは、コンピュータ用語をわかりやすく説明することを目指しています。私たちが公開するすべての定義は、シンプルで正確であることを目指しています。XAML(Extensible Application Markup Language)についての説明についてコメントがある場合や、新しい専門用語を提案したい場合は、こちらまでご連絡ください。