X86とは

X86とは何?

x86は、初代8086プロセッサ以降に発売されたインテルプロセッサの総称です。286、386、486、586の各プロセッサがこれにあたります。このように、x86の “x “は様々な数字を意味しています。実際のプロセッサの正式名称は80286、80386、80486、80586なので、技術的にはx86は80×86の略です。

コンピュータの技術仕様書に「x86アーキテクチャを採用」と記載されている場合は、AMDやPowerPCではなく、インテルのプロセッサを採用していることを意味します。インテルのx86プロセッサーは後方互換性があるので、新しいx86プロセッサーは古いプロセッサーが実行できたプログラムをすべて実行できます。

数字はプロセッサーの種類を区別する簡単な方法ですが、商標登録することはできません。このため、インテルの「586」は「Pentium」と呼ばれています。しかし、ソフトウェア開発者の間では、プロセッサを番号で呼ぶことがよくあります。もちろん、コンピュータオタクの常識である。

このページのX86の定義は、SharTec.euのオリジナル定義です。
このページにリンクする場合は、必ず記事の出典を引用してください。

SharTec.euは、コンピュータ用語をわかりやすく説明することを目指しています。私たちが公開するすべての定義は、シンプルで正確であることを目指しています。X86の説明についてコメントがある場合や、新しい専門用語を提案したい場合は、こちらまでご連絡ください。