UICC (Universal Integrated Circuit Card)とは

UICC (Universal Integrated Circuit Card)とは何?

“Universal Integrated Circuit Card “の略です。UICCは、3Gおよび4Gの無線技術で動作するように設計された「スマートカード」で、LTEも含まれます。複数の用途に使用することができますが、一般的には携帯電話のSIMカードとして使用されます。

UICCは、親指の爪よりも小さい小さなカードで、集積回路を内蔵しています。この回路には、プロセッサ、不揮発性メモリ(NVRAM)、ROM、およびRAMが含まれています。各カードは、セルラーネットワーク上でデバイスを識別するために使用される固有の識別子を持っています。また、カードには、ユーザーが保存した連絡先などのデータが保存されている場合があります。UICCには標準的な記憶容量はありませんが、一般的には少なくとも256キロバイトの記憶容量を持ち、1ギガバイトを超えることもあります。

UICCは、1枚のカードで複数のアプリケーションをサポートし、したがって複数のセルラーネットワークをサポートするため、「ユニバーサル」です。例えば、GSMネットワーク用のUSIM(Universal Subscriber Identity Module)、CDMAネットワーク用のCSIM(CDMA Subscriber Identity Module)、UMTSネットワーク用のISIM(IP Multimedia Services Identity Module)などがあります。

NOTE:UICCを使用するためには、カードに固有の識別子(ICC ID)を携帯電話会社に登録し、アクティベートする必要があります。スマートフォンなどの携帯電話機からカードを取り外すと、ネットワーク上でその機器を認識できなくなります。ほとんどの場合、他の機器にUICCカードを挿入すれば、自動的に認識され、ネットワーク上で使用できるようになります。

このページのUICC (Universal Integrated Circuit Card)の定義は、SharTec.euのオリジナル定義です。
このページにリンクする場合は、必ず記事の出典を引用してください。

SharTec.euは、コンピュータ用語をわかりやすく説明することを目指しています。私たちが公開するすべての定義は、シンプルで正確であることを目指しています。UICC(ユニバーサル・インテグレーテッド・サーキット・カード)の説明についてコメントがある場合や、新しい専門用語を提案したい場合は、こちらまでご連絡ください。