4Gとは

4Gとは何?

4Gとは、第4世代の携帯電話データ技術の総称です。4Gは、3Gの後継で、IMT-Advanced(International Mobile Telecommunications Advanced)とも呼ばれています。4Gは早くも2005年に韓国でWiMAXという名称で利用可能となり、その後数年間でヨーロッパのいくつかの国で展開されました。

すべての4G規格は、国際電気通信連合が策定した一連の仕様に準拠する必要があります。例えば、すべての4G技術は、少なくとも100Mbpsのピークデータ転送速度を提供する必要があります。実際のダウンロードアップロードの速度は、信号強度やワイヤレスの干渉に応じて変化しますが、4Gのデータ転送速度は実際にはケーブルモデムDSLの接続速度を上回ることがあります。

3Gと同様に、4Gにも単一の規格はありません。

3Gと同様に、4Gの規格は1つではなく、携帯電話会社によって4Gの要件に準拠したさまざまな技術が使用されています。例えば、アジアや東欧ではWiMAXが一般的な4G技術として使われており、北欧や米国ではLTE(Long Term Evolution)が普及しています。

このページの4Gの定義は、SharTec.euのオリジナル定義です。
このページにリンクする場合は、必ず記事の出典を引用してください。

SharTec.euは、コンピュータ用語をわかりやすく説明することを目指しています。私たちが公開するすべての定義は、シンプルで正確であることを目指しています。4Gの説明についてコメントがある場合や、新しい専門用語を提案したい場合は、こちらまでご連絡ください。